スペアナの利用法|起業や施設に必要なAED|値段面からしても購入が最も望ましい

起業や施設に必要なAED|値段面からしても購入が最も望ましい

スペアナの利用法

スペクトラム

無線測定用として

spectrumanalyzerの外見はオシロスコープに似ています。総務省の告示する文書ではスペクトル分析器と表示されますが、スペアナとしての通称の方が知られています。spectrumanalyzerは、前面にある画面上に二次元グラフを表示します。グラフは、縦軸に周波数、横軸に電力、または電圧の強さを表します。表示方は、左から右に周期的に掃引される光点でなされます。spectrumanalyzerは、目に見えない電波の周波数やその強さを調べることができます。無線設備の設置や修理には欠かせない装置でもあります。また、最近問題になっている騒音問題にもspectrumanalyzerは活躍しています。

施設で使用する電波を測る

電波という目に見えないものを可視化するspectrumanalyzerは、色々な施設の立地条件を調査する際にも使用されています。学校やホテルなど、館内放送を常設する施設では、有線機器の他に無線設備を設置している所があります。その際に使用できる電波周波数帯を調べることが重要になります。近くにラジオ局があるような場所では、多くの電波が混在して、無線が使えないという事態もでてきます。そのようなことを防ぐためにも、確実に使える電波周波数帯を抑える必要があります。使用できる無線電波が特定できれば、許可申請も可能となります。電波という目に見えない物を可視化することが、いかに市民生活に重要であるかが分かります